読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「君の名は」を観た。

素晴らしい映画だった。

感動してボロ泣きした。

 

日常の変わり映えしない景色ですら、かけがえの無いものだったんだって。

 

名前も顔も覚えてない
夢であった大事な人

 

起きた時

夢とともに何かをなくした感覚だけが残る。

そこは、俺も経験があるから分かる。

夢の中で何年も一緒に過ごした家族や友人を、起きた時に失う。

夢見てる時は、確かにそこにあったはずの、人生が、起きた途端に消えて無くなり、記憶からも消えていく。

手のひらに乗せた水か砂のようにこぼれ落ちる。

うっすらとした感覚だけが残る。

 

普段は、ボーカル付きのエンディングとか

あんまり心に響かないけど、

この映画は

響いた。

 

良い映画は

良い余韻が残る。

 

俺も

かわいこちゃんと入れ替わってオッパイぷるんぷるんしたい(最後で感想文台無し